新宿の つけそば 黒門に行ってきました。

新宿の つけそば 黒門に行ってきました。
新宿西口側と言っても小滝橋通りから脇道に入ったところだから、東口からでも行けるところ。新宿大ガード西から小滝橋通りに入って1本目の脇道を左、すぐのT字路を右、最初の交差点の右手前の角に つけそば 黒門はあります。

前に入ったことがあったけどどれくらいの味なのか、どんな味なのか、ラーメン食べたのか?つけ麺だったのか?全く忘れてしまったので初訪として投稿です。 
新宿 黒門 和風創作らーめん
スープ。
旨い。
カツオベースのスープでアンチョビとかでアレンジされているらしい。アンチョビのせいか少し濁った感じ。

確かにアンチョビの香りが結構来る。全体的にもカツオの魚介ベースですって主張がある。そしてピリ辛。鷹の爪が数片入ってるのと胡椒も結構いれてるのかな?
魚介だからと言ってあっさりかというと結構油も浮いてる仕上がりにしてるので、もしかしたらペペロンチーノ作る工程のオイルを使ってる感じかも。でもちゃんとラーメンしてる。

麺。
少しちじれた中太麺。スープとの絡みがいい感じ。

トッピング。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、水菜、ネギ。
チャーシューは脂身の少ないパターン。噛むと味が出てくるチャーシュー。
メンマ、フツーだね。
もやし&水菜&ネギ、いいバランスで入ってる。

トータルなかなか旨し。個人的には好きな味。
そもそもアンチョビ好きだから期待通り。 
新宿 黒門 まるとくラーメン
ベースは、新作中華そばで、チャーシュー2枚、海苔3枚に増量したバージョン。こちらはオーソドックスな醤油らーめん。新作中華そばのベースは鶏がらって聞いたら教えてくれた。
メニュー名の『新作』とはいかに?(笑)

スープ。 
ベースは鶏がら。透明なスープ。
いい感じにダシが出てるんだろーな。脂もそこそこ浮いてるのであっさりしすぎず美味しい。

麺。
ストレート麺。三田製麺所のラーメンの麺に似てる、甘さがあって小麦を感じる麺で美味しい。

トッピング。
チャーシュー2枚、海苔3枚、味玉、メンマ、ネギ。
海苔との相性もいい感じだった。
味玉、オレンジ色のトロっとした黄身を残したいい感じの仕上がり。

トータル的にコチラも美味しい。

評価 ☆
4

和風創作らーめん☆4
まるとくラーメン(新作中華そば系)☆3

和風創作らーめんはかなり独特。好みはかなり別れると思われるが、個人的にいい感じと思う。アンチョビ最高っ!アンチョビ嫌いな人にはとんでもない味と思われるので注意。
新作中華そばも美味しいけどフツーに美味しいレベルかな。連れは新作中華そばの方も評価は高いと言ってたから、まぁ人それぞれって感じ。確かに醤油らーめん好きには評価は高いかも。

ちなみに他メニューは
・つけ麺黒味。海苔を溶かして?黒っぽくしてるらしい。
・麻辛丸(マシンガン)。酸味・辛味のあるつけ麺らしく高評価だ。

今度はつけ麺系評価かな。どっちも旨そう。
また行こう。

新宿 つけそば 黒門 食べログ