天鳳の場所は、自分の中では新天地、方南町です。

方南町の麺や天鳳に行ってきました。

天鳳の場所は、方南町駅から方南通りを新宿方面へ歩いて200メートルくらい先の左側にあります。
数回、天鳳さんのお店の前を通りましたが、割と込んでいる雰囲気だったのではずれはないだろうという期待を込めて入店。
看板にはらーめん・つけ麺。
立て看板には白ごま坦々麺推し。流されて白ごま坦々麺にしました。
麺や天鳳 方南町 白ごま坦々麺

見た目旨そう。
早速。

スープ。
ん!久々にゴマの風味が濃い!
旨いね。

麺。
細麺の少し透明感のある柔らかめなちぢれ麺。スープがむちゃくちゃ絡んで良いコラボ。

トッピング。
水菜メイン。その下に肉味噌系。食べてる途中でカリカリっとザーサイが入ってるのに気付いた。これまた良いね。そして異色の梅干し。梅干しは一緒に食べるより口直し的に合間でつまむのがいい感じ。
天鳳 方南町 黒ごま担々麺
再訪時に連れがチョイス。
黒ごまな香りが良いねー。

スープ。
担々麺らしいごまの香りとざらっとした舌触りがいいです。濃厚なのでクリーミーにも感じるスープ。おいしいです。
結構ピリ辛度は高めかな。

麺。
細麺ストレート。モチモチ系ですねー。食べるとおいしい。白ごま担々麺と同じ麺ですかね。
自分の好みとしてはもう少し固茹ででもいいかな。でもおいしいです。
 
トッピング。
水菜、肉みそ、ザーサイ、ネギ、鷹の爪。
白ごま担々麺と同じだね。水菜とネギのシャキシャキ感とザーサイのコリコリ感がいい感じです。
連れが注文。
麺や天鳳 方南町 特製つけ麺
早速、シェア。

スープ。
甘さがあるスープ。シャバ系の少し濃い感じです。フムフム、これまた文句無しです。

麺。
ベーシックにラーメン系より太めなちぢれ麺。こちらはコシがいい感じ。

トッピング。
チャーシュー、メンマ、刻み海苔。チャーシューもホロっと箸で持つとくずれるいい感じの柔らかさ。
天鳳 方南町 味噌らーめん
再訪時にチョイス。
見た目はそれほど味噌っぽくない色ですかね。

スープ。
一口目。
ん?ちょっと塩辛いか?
醤油ラーメンと同じような背油とんこつベースが味噌になった感じですね。
二口目。
これは塩辛いでしょ。喉にくる塩辛い。

麺。
中太ちぢれ麺で味噌にいい感じに合うね。

トッピング。
もやし、メンマ、チャーシュー、ネギ、コーン、海苔。
コーン、もやし、味噌らーめんに欠かせない具だね。いい感じ。
他のトッピングは正油らーめんと一緒です。
箸持参でエコ活動、サービスで卵トッピング。

塩っ辛いので珍しくほとんどスープを呑まずに食べ終わりました。
ちょっとこれはないかな。
味薄目とかできるけど、だったら正油らーめん選ぶなぁ。
天鳳 方南町 正油らーめん
東京背脂豚骨らーめんといった感じに仕上がってます。
スープもなかなかクリーミー。濃さも良い感じ。

こうゆう背脂豚骨らーめんは、自分にとって吉祥寺のホープ軒を思い出させてくれて嬉しいラーメン。
もやしも水っぽくなくシャキシャキおいしいです。
 

評価 ☆
4

白ごま坦々麺 ☆4
特製つけ麺 ☆3
黒ごま担々麺☆4
味噌らーめん☆2
正油らーめん☆3

白ごま坦々麺、黒ごま担々麺いいねー。希須林に及ぶ手前くらいのごまの濃さがあって、ザーサイの食感、梅干しの口直しと食べてて飽きない味にしてくれてます。

特製つけ麺は、シャバ系でもあっさりではなくしっかりした味に仕上がってて甘みも旨い。脂が多いのかテーブルの絡みを混ぜてもそれほど辛さを感じさせないので辛くしたい人は結構大量に入れるか、注文から辛味噌の方がいいのか?

味噌らーめんだけは自分的には残念かなー。ちょっと塩辛い。

総評的には、味を一本に絞ってはいないけどそれぞれがなかなかの味に仕上がっている感じでした。

TwitterやFacebookで割引をやっているみたいだから、入店前にチェック必須。
他店舗も西荻窪・中野坂上・東中野・高円寺といろいろ情報あり。丸ノ内線と中央線に集中してる感じ。そして突然の暖簾分けで長野県?秋田県?にもあるみたい。でもオフィシャルサイトには二店舗しか掲載してない感じ。


麺や天鳳 オフィシャルサイト
麺や天鳳 方南町店 食べログ