第一回ご褒美ランチ。

今月から、頑張った自分にご褒美ランチの企画を始めました。

色んな事情が有るは有るんだけど・・・。
でもそんな企画を通じて、ラーメン以外の美味しいお店で食べよう、お店を探そうっていう趣旨。

吉祥寺の听屋POUND-YAに行ってきました。

吉祥寺 听屋 外観
まずご褒美と言ったら肉々しいステーキからかなという事で吉祥寺の听屋さんに行ってきました。

いきなりステーキに最初行こうかと思ったんだけど、ステーキ立ち食いという環境があまりご褒美っぽくないなーって思って探してたら听屋が出て来て訪問確定。

听屋の場所は吉祥寺駅南口を出て左、ソフトバンクショップを右に見ながら脇道に入って井の頭通に突き当たる手前の右側にあります。ラーメン好き吉祥寺好きには、油そばのぶぶかの以前の場所近辺といった方が伝わる人も多いかな。

あまり栄える雰囲気のないガード下近辺のお店。でも店構えや吉祥寺キラリナが出来る時に割と整備された道路に面してて良い雰囲気になってる。

注文の時からワクワクっ

ステーキっていうだけでワクワクするのに、コチラのお店、注文の時にそれを最大限に期待値Maxにあげることをしてくるw

オーダーは、ステーキかハンバーグを中心に他チキン・ポークなどとコンボに出来るセットか、ステーキだけとかの単品からメイン料理を選んで、ライスセット系、サイドメニューなどを注文する感じ。

ステーキの場合には注文すると三種類のお肉の塊を店員さんが持ってくる。でお肉の説明。今回は、ナカニク、ウチモモ、ハバキの三種類で産地は茨城県だった。
※ランチメニューはお肉の塊は持ってこないらしい。

この肉の塊をまな板に乗ってけて持ってくるのがワクワク度Maxにさせる。口頭だけで他のお店は終わらせちゃうだろうけどね。

ちなみにお肉の種類
  • ナカニク:さしが入るくらいの脂身
  • ウチモモ:脂身・固さ共にメニューの中で中間
  • ハバキ:希少部位。赤身で柔らかい

価格は
  • ナカニク:10円/1g
  • ウチモモ:12円/1g
  • ハバキ:14円/1g

で、
どれにしますかー?
何グラムにしますかー?
って質問してきてオーダーは終了。

代金は、実際のグラム数に対応させるらしく、150gオーダーしたところ155gだったら、単価×155g、とキチンとグラム売りになる雰囲気。 

焼き加減は、オススメのミディアムレアで仕上げるとの事。別途注文すれば対応するっぽい感じだった。
吉祥寺 听屋 ウチモモ
何ともレベルがよく分からなかったから、中間のウチモモにしておいた。
150gでオーダー。

鉄板皿で出てくる。ハンバーグとかステーキ系に最近よくあるスタイルの、鉄板皿の上にさらに熱い塊がのっかってて少しお肉を焼けるって奴ね。

オニオン1/2を丸ごとブイヨンにつけたやつが添えられてる。

ふむ。
まあまあかな。美味しい。

タレが4種類。
おろしポン酢、ニンニク系、ブラックペッパー系、わさび。

自分の好みの食べ方は、テーブルセットにある岩塩とわさび。これが一番旨し。 

でもなんか特別感を感じさせない・・・。単に脂身とか柔らかさの選択ミスか?

でもマイナスに考えて食べてもしょうがないので、旨いかもーって思いながら食べてたら後ろの席の人が席についてオーダーするタイミングで店員とのやり取りが耳に入って追加注文したくなってしまう。

お客さん:元気よく 『赤身下さいっっ!』
店員:『ハバキが一番脂身が少なく柔らかいですよ。』

なんかこのやり取りでハバキ食べたーいってなってしまったw
というわけで追加オーダー。
お店は満席の中、追加オーダーするのは自分くらいだったけど気にせず注文。『何グラムから注文できるの?』って質問したら100グラムですーというが、『50グラム出来ないかなー?』って聞いたらOK取れた。
吉祥寺 听屋 ハバキ
グラム数が少ないからなのかちょっと薄目だけど、なぜか先に注文したウチモモよりふっくらしてる。

一口目、うぉっ!これが食べたかったー!っていう柔らかさっ
しかもなんか肉の甘さってこんなあるんだと感じ取れる美味しさっ
これは旨いっ

こちらの食べ方も自分的には、岩塩+わさび。

次からはこのクラスを150gオーダーするとしよう。
写真撮り忘れたー。
でもこれはフツーかな。感動できるまではいっていないけど旨いね。

ご褒美度

最初のウチモモの時は置いといて、ハバキを食べた時はこれはご褒美ですねーって思いました。第一回目ご褒美企画、美味しく頂きました。来月も自分にご褒美あげよっと。


听屋 POUND-YA オフィシャルサイト
听屋(ぽんどや) 吉祥寺店 食べログ